« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

進化形

進化形〓

本日の県民能は無事に終了いたしました。御来場賜りました皆様に心より御礼申し上げますm(__)m

「安達原 黒頭」のシテを勤めましたが、後シテに変わった面を使いました。

「古般若」と言うそうで、普通の般若との違いは舌があって角が違う方向を向いています!

地謡の仲間に聞いたら「インパクトの強い顔」と言われました・・・

般若より古い時代の面らしいのですが、印象は般若をより進化させたような気がします。

舞慣れた曲ですが、お客様の感想が気になります・・・どうぞご感想をお寄せくださいませ。

Pa300046_4

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

ワキ方の心得

風邪もようやく治りつつありますが、まだ謡うと咳が出るので無理は出来ません・・・

今日は兄弟弟子のおさらい会が矢来であり一日出勤いたしました。昨日からの雨も上がり最高の舞台日和で御社中の皆様も日頃の成果を遺憾なく発揮していらっしゃいました♪

その中で素謡のワキを玄人のワキ方が謡う曲がありましたが、普段何気なく聞いている謡でも細かく気を配っているのに気がつきました。シテが男性の方だったのですが声の調子が高めで、しかも緊張からか少々うわずり気味だったんです。途中でシテとワキが交互に謡う部分でワキが上手く調子を合わせながらシテが謡いやすい調子に下げてくれました。

これが本来ワキの役目なんだと言うことが良くわかりましたね!昔はお殿様がシテを勤めて玄人がワキやツレを固めていました。今日のように玄人がシテをコントロールして上手く謡わせることで曲の出来映えが良くなるわけです。

私たちもおさらい会ではワキやツレを謡わせて頂く機会が結構ありますが、今日のようにキチンと気を使わなくてはいけないと改めて思いましたね。

いよいよ来月の「海士 懐中之舞」が近づいてきました。初めてやる小書(特殊演出)なのできちんと下調べをしなくてはなりません。これから日記で少しずつ書いていこうと思いますのでご期待下さいませ。チケットもまだございますので是非よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

風邪・・・

またまた更新が滞ってしまいました。先週の長崎は無事に勤めて参りましたが、お土産に風邪をひいてしまいまして・・・でも休みでは無いので仕事で精一杯で日記まで書けませんでした。

土曜日に長崎から帰って、日曜日にはお弟子様から頂いた桐の箪笥が届いたので大模様替えに追われていました。転居なさる際に使わなくなった箪笥を能面用の「面箪笥」に作り替えてくださいまして、素晴らしい面箪笥が蔵に入りました♪

湿気などを適度に保つには一番良いのが桐の箪笥なのでとても嬉しかったですね。装束には湿気が大敵!でも塗りの冠や能面は乾燥しすぎが悪いので管理が難しいんですよ。

月曜日は地元の小学生の狂言教室。日本財団助成公演として定着してきましたが地元の学校は実は初めて!みんな素直に体験も参加してくれて今後に繋がりそうな良い企画でした。

昨日は一日稽古日でしたが声が出なくて辛かったですね・・・今も完全に掠れた状態で困っております。でもこれからまた講演が有り1時間半喋らなくてはなりません。とにかく無理をしないで早く治さないとマズイですね。    

| | コメント (0)

2006年10月18日 (水)

早起き

今週は毎日申し合わせが続いていて毎朝6時前に起きて家を飛び出していきます。

元々朝は強い方なのですが流石に疲れが溜まってきたみたいで目覚まし時計のご厄介になっています・・・いつもは先に起きて鳴る前に止めるんですけどね!

明日からは長崎での舞台があり行って参ります。「俊寛」と「船弁慶」なので記憶に関しては何の不安も無いのですが、疲れてくると集中力が落ちてくるのでポカをしないように気をつけなくては。

| | コメント (0)

2006年10月16日 (月)

ほうとう

今日は弟弟子S師の地元、山梨の武田神社での催しに行って参りました。秋の行楽シーズンの日曜日、お天気にも恵まれまして盛会のうちにS師の「敦盛」は終了いたしました。

彼も地元に根付いた活動を続け、今日のような会を催すことができて本当に頑張っていると思います。

私は車で伺いましたのですが、思っていたより早く到着いたしましたので地元の名物「ほうとう」を食べに行きました。以前からお土産に麺を買って帰ってはいましたが、お店で食べたのは初めてでしたが美味しかったです♪

しかし帰りは大渋滞・・・やっぱりこの時期の日曜日は覚悟がいりますね!

でも久しぶりののんびりドライブで楽しかったです。

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

無事終了

本日の「百萬 法楽之舞」無事に勤められました。ご来場下さいました皆様に心より御礼申し上げますm(_ _)m

正直言って身体はかなり疲れていましたが気力は充実していましたので自分なりに納得のいく舞台だったと思います。子方の子も初めてとは思えない落ち着いた舞台を勤めてくれました♪

装束の取り合わせは如何だったんでしょうかね?皆様のご感想を楽しみにお待ちしております。ただ、昨日は縫箔を師匠から拝借したと書いたのですが、他の方が持ってきてくださった縫箔が母の一番好きだった紫色の装束だったのでそちらを使わせていただきました。

母のことを知っている方が見所にも多かったためか追善会のような雰囲気だったと言う仲間も居りました。一般に方々には失礼がなかったかと心配しておりますが、良い母への手向けとなったと思っております。

これで暫くお役が無いので次の舞台に向かって充電したいと思います!

| | コメント (0)

2006年10月10日 (火)

法楽之舞

明日は「能を知る会 東京公演」で「百萬 法楽之舞」のシテを勤めます。元々型が多くて動きっぱなしの上に舞を舞うという小書なので落ち着いて勤めたいと思います。

所々謡が抜けたりするので間違えたと思わないでくださいね(笑)

今回は長絹を新調いたしました。所が何も考えずに色を決めたために組み合わせる色目の装束が無い・・・結局縫箔(ぬいはく)を師匠から拝借いたしました。どんな取り合わせかは明日のお楽しみ♪公演レポートをお待ち下さいませ。

7月に亡くなった兄弟子のご子息がその直後に勤めたのがこの曲で、図らずも私も母の追善にこの曲を勤めることになってしまいました。心を込めて舞いたいと思います。まだ空席もございますので興味の有る方はぜひご来場下さいませ!

| | コメント (0)

2006年10月 7日 (土)

意地でも

母の葬儀が済んでから一気に能繁期に突入いたしました。

昨日は観世九皐会の申し合わせ。能「船橋」の地謡と「錦木」「鳥追舟」「善界」の仕舞の地頭を勤め、先日葬儀の関係で申し合わせを失礼した本日の会の「雲林院」「野宮」の仕舞の地頭もついでにしていただきました。その夜には11日に国立でシテを勤める「百萬 法楽之舞」の申し合わせを国立でいたしました。

流石に身体も頭も疲れ果てていまして、希曲が多い昨日は辛かったです・・・しかしここでボロボロの舞台を勤めては母に申し訳が出来ないと思いきっちり勤めて参りました。

本日は弟弟子の小島師が主催する「皐風会」があり「葵上」の地謡と前述の仕舞二番の地頭を勤めて参りました。最近観世九皐会の若手が次々と自分の会を催しており、これを機会に益々能が盛んになれば何よりと思っております。

明日は観世九皐会本番。気を抜かずに一生懸命勤めて参ります。

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

役者・・・

今週はいろんなことがありすぎて日記が書けませんでした。先週末に県民能で「舎利」を勤め、そのまま車で名古屋に向かいました。

そして翌日の早朝一本の電話が。入院中の母が危篤との連絡でした。とりあえず自宅の妻と隣に住んでいる父に電話で連絡をし、父にはタクシーで病院に向かって貰いました。そのまま私はホテルの部屋で連絡を待っていたところ、7時過ぎに母が亡くなったとの連絡を受けました。

しかし私は(長男も一緒でした)名古屋九皐会の出勤があったため、そのまま楽屋に入り最後まで舞台を勤めました。師匠の「卒都婆小町」は流石に見応えのある良い舞台でした。

終演後長男は鎌倉に戻りましたが、私は月曜日に四日市で日本財団助成の学生鑑賞会があったため、そのまま名古屋にと留まり、母と会えたのは亡くなった翌日の夜となりました。役者の宿命で「親の死に目には会えない」と納得はしていたものの、亡くなった夜にホテルの部屋で1人ボーッとしているのはやりきれない気持ちでした・・・

ですから葬儀の段取りも全て家内が完璧に進めてくれ、本当に助かりました。おまけにお通夜当日も栃木県小山市での学生鑑賞会が午前・午後と入っており、時間ギリギリに駆け込む予定で居りました。が、事情をお話ししたところ午後の部の開演時間を1時間早めてくださり、余裕を持って母の通夜に参列できました。対応してくださった学校側の皆様と、公演を無事に進めてくれた仲間には感謝のしようもございません。

本日無事に告別式を終えてこの日記を書いておりますが、本当に大勢の皆様に支えられて今日の私が有ると言うことを再確認できた一週間でした。明日からも舞台は毎日続きます。これからも頑張って参りますので皆様のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げますと共に母の冥福を心より祈っております。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »