« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

夕顔

昨日は矢来で今週の土曜日に催す県民能での「夕顔」の申し合わせがありました。私は「山之端之出(やまのはので)」の小書を附けて数回舞ったことがありますが普通の演出は初めて。シテは昼の部でシテを勤めるO師がシテで私は地頭を勤めました。

全体にしっとりとした風情で一つ間違えると「べったり」になりそうな曲なので丁寧にサラッと勤めたいと思います。

今回はお陰様で満席となっておりますが、8月の「小督(こごう)」はまだまだ空席がございます。平家物語の名曲をぜひご覧頂ければ幸いに存じますのでよろしくお願い申し上げます!

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日)

景清

昨日は宝生能楽堂で「喜正乃会」があり「景清」の地謡を謡って参りました。

この曲は私は数年前に勤めましたが個人的にはとても好きな曲です。昨日も地頭G師がとても丁寧に謡って下さったので気持ちよく燃焼できた一番でした。

でもお客様は少々お辛そうでしたね・・・シテは80分の上演時間で20歩も歩きませんから!でもシテを始めとして全員が良くまとまった舞台だったと思います。

この曲には二つの演出があり、初めての時には髭のない面を使って装束が着流しとなり作物の中で下に座ります。「替之型」になりますと同じ「景清」でも髭の生えている面を使って装束も袴(大口)を履いて作物の中で床几に掛けます。

落ちぶれ果てたシテを演出するか武人としての誇りを捨てきれないでいるシテを演出するかで謡い方も型もかなり変わります。私も機会があれば髭有りの面で勤めたいですね♪

別会から一週間更新しないで申し訳ございませんでした。今週には県民能もございますので頑張って更新しますのでまたぜひご覧下さいませ。

| | コメント (0)

2007年6月17日 (日)

別会終了

本日の「能を知る会 東京公演別会」無事に終了いたしました。ご来場賜りました皆様には心より御礼申し上げます。

「藤戸」はやっぱり難しかったですし疲れました・・・でも自分なりの表現は出来たと思いますし、納得のいく舞台だったとも思います。ぜひご感想を伺いたいですね♪

0617_012今回は前シテの面を師匠家から「深井」を拝借し、後シテの面は能面師の岩崎久人様から「二十歳余(はたちあまり)」を拝借して勤めました。私の持っている深井は今回の藤戸にはイメージが合わず、一寸強めで美人顔の深井を使いました。無礼打ちを覚悟で我が子の死の真相を領主に問う母親の毅然とした雰囲気が欲しかったんです。


後シテの面は「痩男」よりも生々しい表情が気に入って使ってみましたが私の謡には合ってたんでしょうかね・・・ちょっと判断に苦しむ所です。

0617_026今日は番組全体が追善会のようになってしまいました。今になって考えるとこの番組は昨年秋に母が亡くなって程なく決まりました。やはり自分の中に派手な曲をやりたいという気分が無かったんじゃないかと思います。でも兄弟子G師の「融」も良かったですし、師匠の「卒都婆小町」の仕舞も素晴らしかったですから、番組としては良かったんじゃないでしょうか♪

実は昨日も矢来で学生鑑賞会があり「安達原 黒頭」のシテを勤めておりました。今月はまだまだ舞台が続きますので気を緩めることなく頑張ります!

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

申し合わせ

今日は17日に国立能楽堂で催す「能を知る会 東京公演別会」の申し合わせでした。

今回私は「藤戸 蹉た之伝」を勤めさせて頂きますが、今日の申し合わせでもガックリ疲れました・・・やはり動きの細かい曲はしんどいですね。でも自分なりに「演劇」としてこの曲を勤めたいと思います。お客様を泣かせられたら最高ですね♪

もう一番は兄弟子G師の「融 舞返」ですがこれは華麗でした!今回この曲の囃子方は鎌倉能舞台では「いつものメンバー」と呼ばれた皆様で、今まさに現役バリバリの組み合わせ。今日の急之舞も凄く早いんですが決して荒っぽくなく聞いていて気持ちのよい囃子でした。舞っているシテも涼しい顔をして格好良く舞っていましたよ。

当日はもっと気合いを入れて良い舞台を勤めたいと思います。当日券もございますので皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

藤戸

昨日の観世九皐会は無事に終演いたしました。後輩S師の百萬も頑張って勤めていましたね♪後半の我が子を群衆の中で探し求めるイロエで囃子が素晴らしい臨場感を作り出してくださっていたのが印象的でした。

終演後に私が17日に国立で勤める「藤戸 蹉た之伝」(漢字が出ませんでした・・・)のお稽古を師匠に見ていただきました。藤戸は数回勤めていますが今回の小書は初めて。この「さた」とはつまずく・転ぶと言う意味だそうで殺された我が子を返せとワキに詰め寄る母親の所作からこの名前があります。

師匠がやって見せてくださると簡単そうなのですが自分でやると格好悪い・・・おまけに腰まで痛くなりました!当日まで色々工夫してみないとダメですね。

後シテには「イロエ」と言う囃子が入り、波間に漂う男の幽霊の姿が表現できればと思っております。曲は名作ですし自分としても好きな曲なのですが細かい面の動きや一寸した所作で芝居をする曲なので難しいですね・・・当日ご覧頂きましたならばぜひご感想をお聴かせくださいませ。

まだまだチケットにも余裕がございます(困ったもんだ・・・)皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

先日大先輩の観世栄夫様がお亡くなりになりました。鎌倉能舞台でも何度かシテをお願いした素晴らしい方で、私も何度かツレを勤めさせていただきました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

ファッションショー

ファッションショー
先日ひょんなご縁でスペイン大使館での着物のファッションショーのお手伝いに行ってきました。

様々な国の大使夫人をモデルにしてのショーで、私は会場での装束の展示とオープニングで謡を謡わせていただきました。

普段あまり見慣れない外国人の女性の着物姿は新鮮に映りましたね。只の着物だけでなく白無垢の打ち掛けや花魁姿などバラエティに富んだ内容でした。

これをきっかけとして今度の別会に大使館関係の方々がずいぶんお越しくださるようです。一層気合いを入れて能の素晴らしさを知って頂きたいと思います。

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

取材

早いものでもう6月ですね!お天気同様体調も不安定になりやすい時期ですから皆様お大事になさってくださいませ。

Minamiosihara_004 昨日は朝に栃木県の小学校の生徒さん達へのワークショップがあり、解説や体験を通じて能の魅力に触れていただきました。ここ数年この時期にお越し頂いておりますので、これからも続いて欲しいと思っております。

それと同時に昨日は「ガテン」と言う雑誌の取材があり、色々なお話しをさせていただきました。体力系の求人雑誌と伺っているのであまり関係が無さそうだったのですが、舞台の宣伝になることですのでご協力させていただきました。どんな記事になるのでしょうか。

本当は営業や舞台設営などのスタッフがいてくれればとも思うのですが、鎌倉能舞台にはまだそこまでの経済基盤が無いので私が1人何役もこなすことになっています・・・そろそろ長男が能の企画や運営を若い感覚でやってくれれば・・と願っています。

発行日がわかりましたらこの日記でも宣伝しますのでご覧になってみてくださいね!

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »