« 別会終了 | トップページ | 夕顔 »

2007年6月24日 (日)

景清

昨日は宝生能楽堂で「喜正乃会」があり「景清」の地謡を謡って参りました。

この曲は私は数年前に勤めましたが個人的にはとても好きな曲です。昨日も地頭G師がとても丁寧に謡って下さったので気持ちよく燃焼できた一番でした。

でもお客様は少々お辛そうでしたね・・・シテは80分の上演時間で20歩も歩きませんから!でもシテを始めとして全員が良くまとまった舞台だったと思います。

この曲には二つの演出があり、初めての時には髭のない面を使って装束が着流しとなり作物の中で下に座ります。「替之型」になりますと同じ「景清」でも髭の生えている面を使って装束も袴(大口)を履いて作物の中で床几に掛けます。

落ちぶれ果てたシテを演出するか武人としての誇りを捨てきれないでいるシテを演出するかで謡い方も型もかなり変わります。私も機会があれば髭有りの面で勤めたいですね♪

別会から一週間更新しないで申し訳ございませんでした。今週には県民能もございますので頑張って更新しますのでまたぜひご覧下さいませ。

|

« 別会終了 | トップページ | 夕顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別会終了 | トップページ | 夕顔 »