« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月22日 (月)

公式戦終了!

今日は逗子市の小学校で文化庁の「本物の舞台芸術体験事業 追加公演」があり、「安達原」のシテを努めて参りました。これで今年の舞台は終了しました。

今日までの数日間は本当にめまぐるしかった・・・先週の木・金は土曜日に国立能楽堂で催された「観世九皐会百周年別会」の申し合わせで土曜日が本番。三日間で能八番に出ました!

でも無事に終わって何よりでしたし、「正尊」の主ツレ義経を勤めさせていただきましたし「百万 法楽之舞」の地頭も楽しく謡ってこられました♪

今年は文化庁の公演が増えたので例年よりも慌ただしい秋の陣でしたが不況が叫ばれるこの時期にお仕事が増えているのは本当にありがたいことです。来年も体調には気をつけて良い舞台を勤めていきたいと思っております。

今年もあと僅か。皆様もお身体にはお気をつけて良いお年をお迎えくださいませ。私は稽古日はまだまだ残っていますので冬休みはもう一息先ですが年末の大掃除に励みたいと思います・・・

|

2008年12月14日 (日)

邯鄲

相変わらず舞台が詰まっていてなかなか更新ができませんでした。

昨日は「緑泉会」で「邯鄲」の地頭を勤めさせていただきました。私は個人的には好きな曲で地謡も色々工夫のしようがあるので楽しく勤めさせて頂きました。

この曲はシテが一畳台の上で「楽(がく)」と言う舞を舞うのが見せ場です。装束を着て能面を掛けて狭い台の上で舞うので傍目には大変そうなのですが、馴れてしまうと結構楽しいものです。

ちょっとしたコツさえ掴めばそれほど厄介なことではありませんが、以前父に稽古の時に「台の上はいかにも百畳敷きの大広間で、舞台に降りたら逆に小さく舞うものだ」と言われました。これは台から降りていかにも伸び伸びと舞っては台の上での型と差が出すぎるからだと思います。でもついつい歩幅が大きくなったり手が広がったりするんですよね・・・

人の舞台を見ると自分もやりたくなります♪チャンスがあったら久しぶりに舞いたいですね!

今日は九皐会で「春日龍神」の副地頭を勤めました。来週末にはいよいよ九皐会百周年の別会です。年末になっても相変わらずの忙しさなので体調には気を付けて頑張って勤めますね。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »