« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月22日 (日)

九皐会別会

昨日の「杜若 恋之舞」無事に勤めて参りました。ご来場賜りました皆様には心より御礼申し上げます。

久しぶりに勤めた曲でしたが上演時間60分。まずまずの手応えでした♪笛が森田流で太鼓が金春流の組み合わせは初めてでしたがイイ感じの恋之舞でした。別会と言うことで師匠もとっても良い面&装束をご用意下さいまして、来年のカレンダーが楽しみです(笑)

でもやっぱり緊張しましたね・・・最近は歳のせいかそんなに汗をかかなくなっていたのですが、昨日は寒かったにもかかわらず汗びっしょりでしたし、今日になってあちこち筋肉痛になっています。

前回の記事の中で次回の横浜公演が3月13日となっておりますが、これは3月11日の間違いです!ここにお詫びして訂正させていただきます。ぜひご来場下さいませ!

1 (写真撮影:渡辺国茂)

 (web拍手からコメント等、どうぞ♪)

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

恋之舞

またまた更新が止まってしまいました・・・なんだか毎日が慌ただしくてついつい更新を忘れてしまいます。

今月は私の四十?回目の誕生日やバレンタインデーもありましたが、特に何も起きずに平和な毎日を過ごしておりました(笑)

乱能以後も九皐会があったり高知での新年会があったりと忙しく走り回っておりますが、明日は師匠家の「観世九皐会百周年別会」で「杜若 恋之舞」のシテを勤めさせていただきます。

この曲は在原業平が詠んだ「唐衣 着つつ慣れにし 妻しあれば 遙々きぬる 旅をしぞ思う」を主題に、杜若の精が旅僧に若の徳により草木までも仏果によって成仏できると教える三番目鬘物です。

今回の小書「恋之舞」は詞章が短くなる代わりに舞の部分が変わり、橋掛かりで業平の舞いの装束・冠を身につけたシテが水面に映った自らの姿を業平に見立てると言う独特の型があります。ここがお客様にどう見ていただけるかが気になるところですが、所作としてはそんなに変わった型ではないので雰囲気の作り方がうまくいけば良いですね♪

また結果はこの日記で書きますのでご期待下さいませ。

また、来月の11日に(←訂正しました!3月11日です。)横浜能楽堂で「屋島 弓流」をいたしますが、まだまだ空席がございます。おいおい内容についても書いて参りますので、是非皆様ご来場下さいませ。

 (web拍手からコメント等、どうぞ♪)

| | コメント (2)

2009年2月 3日 (火)

乱能

昨日の「鎌倉能舞台40周年記念乱能」無事に終了させていただきました。ご来場賜りました皆様には心より御礼申し上げます。

能五番、狂言二番他の長い番組に東京だけでなく、名古屋・京都・大阪・福岡からも大勢駆けつけてくださいまして、この四十年間に鎌倉能舞台の各公演を支えて頂きました総勢百名近い能楽師の皆様ご出演を頂きました。本当に心から感謝の申し上げようもございません。

私の長男・次男も囃子方として舞台に上がらせて頂きました。ここに昨年亡くなりました父がいてくれればさぞ喜んでくれたことと思います。私も一人三役のお役を無事に勤められてホッといたしておりますが、ここ半月ほど毎日笛の稽古をしておりましたのでなんだか気が抜けてしまいました(笑)

しかし改めて本職の凄さを思い知ったのも事実です・・・名乗り笛一つでも普段何気なく聞いていましたが、国立能楽度の長い橋掛かりを決められた息継ぎで吹ける息の長さ!私も結構自信あって舞台に上がりましたが、結局は最後の方で息切れして普段の三倍くらい息継ぎが増えてしまいました・・・

お客様も大変楽しんでくださったようですし、楽屋の先生方も喜んでお帰り下さいましたようで何よりでございます♪次回は五年後に四十五周年をできれば良いなと思い、気を引き締めて公演を続けて参りたいと思いますので、今後とも鎌倉能舞台&中森貫太を応援いただけるよう、よろしくお願いいたします。

 (web拍手からコメント等、どうぞ♪)

| | コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

復曲能

1月は全然更新せずに終わってしまいました・・・ 明日が終わるともう少しマメに更新できると思います。

2

本日は栃木県小山市の市制55周年記念能がありまして、5年前の50周年の際に私が金春流で廃曲となった「安犬(やすいぬ)」という曲を5年ぶりに再演いたしました。

上演時間は40分ほどの短い曲ですが、現在物なので詞章はかなり多くご出演いただきましたシテ方・囃子方にはかなりご苦労をお掛けしたのではないかと感謝いたしております!

この曲は子方が大変重要なファクターを占めておりますが、今回は地元の小学生から公募して一人の男の子さんに一年がかりでお稽古をつけさせていただきました。そして今日の舞台はとても立派に勤めてくれましたよ♪

この準備と明日国立能楽堂で催す「鎌倉能舞台40周年記念乱能」が連日となったので1月は本当に慌ただしかったです。囃子のお稽古も久しぶりですし事前の準備も大変・・・明日が無事に終わってくれればと祈るばかりです。

おかげさまでチケットは完売!出演者総数が約100名という豪華な顔ぶれで、東京だけでなく名古屋・京都・大阪・九州からもこの40年間にご出演いただきました皆様がお祝いに駆けつけてくださいますこと、心より嬉しく思っております。

私は「邯鄲」の太鼓と「猩々乱」の笛、大鼓の一調を勤めさせて頂きます。この結果は後日のこのブログにてご報告させて頂きますね。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »